医師転職 ランキング

医師の転職に外せない医師専門転職サイト

リクルートドクターズキャリア非常勤医師の求人

最大手人材紹介会社での医療業界に精通した優良求人が魅力!全国対応・高収入【非常勤向け】詳細を見る↓

リクルートドクターズキャリア登録

リクルートドクターズキャリア【常勤医師対応】

医師の求人が豊富で希望の病院やクリニックが見つかる内部情報と医師の支持率83%の信頼関係が安心の基本!【非常勤向け】詳細を見る↓

リクルートドクターズキャリア登録

m3キャリアエージェント

医師会員20万人以上のm3.com運営で病院の内情や医療業界に精通!常勤医師の求人は外せない!詳細を見る↓

エムスリーキャリアエージェント

医師転職 ランキング

m3キャリアは医師転職支援サイトで圧倒的に1位

医師求人、募集情報をお探しなら!
全病院の約9割と提携し、
日本最大級の求人数保有。
医師会員25万人以上を誇るm3グループだからこそ得られる募集情報で、
成功する転職をおすすめします!

  • 麻酔科の先生 年収約1,200万→約1,600万 約400万円UP!
  • 小児科の先生 年収約1,400万→約1,700万 約300万円UP!
  • 循環器内科の先生 年収約1,500万→約1,700万 約200万円UP!

入力は1分 完全無料 医師転職支援サービスに申込 ↓ ↓ ↓
エムスリーキャリアエージェント

医師転職サイトを時間をかけて調べる価値はありますか?

目的は医師が転職する優良クリニックや医療機関情報

医師転職サイト・おすすめランキング100個 調べても

行きつく到達地点は ↓ ココ

医師転職 ランキングNo.1

エムスリーキャリアエージェントがダントツで実績と情報量と質でもNo.1

相談も含め、入職に至っても
費用が発生することはありません.
医師会員が約25万人のエムスリーグループで安心

求人例

    • 好待遇の公務員!医局人事からの影響なしの新しい環境へ
    • 高給与訪問診療で2,000万円が目標
    • 産業医や製薬会社臨床医から転換に!

各診療科目だけでなくエリア特性と病院内部事情にも精通の
提携コンサルタントによる新着最新の非公開求人情報提供!
もちろん面倒な交渉も全て代行!

エムスリーはココ ↓
エムスリーキャリアエージェント

募集は

一般内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/血液内科/心療内科/神経内科/内分泌内科/老人内科/一般外科/消化器外科/心臓外科/呼吸器外科/脳神経外科/整形外科/形成外科/リハビリテーション科
/小児科/産婦人科/婦人科/精神科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/放射線科/人工透析/麻酔科/美容外科/人間ドック・検診/その他

地域は

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/海外

求人 募集は

常勤医師募集
非常勤医師募集
スポット医師募集

常勤医師求人情報例

【内科・精神科医師募集中】地域で一番親切な病院、ナンバーワンの精神科病院を目指していきます。

年収 1,400~(応相談) 指定医、医師10年目の場合
一般内科 精神科
◆内科
外来診療、病棟管理、各種専門検査などをお願い致します。特に認知症に興味のある方歓迎。
◆精神科:入院診察、外来診察(1コマ)、各種専門検査などをお願い致します。
※外来診療:1コマ程度/週
※統合失調症・うつ・認知症の患者様が多くいらっしゃいます

専門医修練施設(消化器内視鏡学会・大腸肛門病学会)に指定された、高度な知識・技術をもつ専門病院です。

年収:1,200~1,500万円 相談可能です。
一般内科・消化器内科・消化器外科
◆消化器内科/消化器外科/肛門科で1名程度
内科/消化器内科で1名程度
※肛門科見れる先生は歓迎いたします

地域で厚い信頼を勝ち得ているクリニック

クリニック(内科)院長となれる方を募集
1,200~1,800万円(応相談)
一般内科・一般外科

当院は、安心して治療に専念出来る質の高い療養環境を提供

広く地域社会への貢献をめざして検診活動、在宅ケア、訪問診療を中心とした医療サービスの提供を心掛けております。
年収:1,600~2,100万円(応相談) 有資格、経験年数等に応じて変更
一般内科・整形外科

など多数

給料の額をメインとした医師転職サイトの利用方法

医師が転職を考える理由は様々ですが、中には「今の自分は仕事に見合った額の給料をもらっているのだろうか?」という疑問を抱き、転職を考える人もいます。
つまり今現在自分が行っている仕事を他の医療機関で行えば、給料はアップするのではないかと考える医師がいるのです。
確かに給料の額は生活に大きく関係しますし、自分がどれだけ評価されているのかの指標ともなるために、誰もが関心を抱く事柄です。
そしてこのような疑問に対する答えを得、さらに機会があればより条件の良い職場に転職するのを助けてくれるのが、医師転職サイトです。

このようなサイトには給料の額や労働時間、そして仕事内容が大まかに示されています。
これらの情報にしっかりと目を通せば、これまでと同じ量の仕事を行いつつ、それでいてより給料の高い医療機関を見つけることができるかもしれません。
また中には給料は今と変わらないものの、労働時間が短かい職場を見つけることができるかもしれません。
どちらのケースにしても、これらの医療機関への転職は医師にとって大きなメリットをもたらします。

もちろん給料の面でのメリットだけを考え、転職することは懸命でない場合もあります。
非常に忙しい毎日を送っている医師にとって、激務を継続していくことは困難でしょう。
そのためこれから生じ得る状況も考慮し、転職先を決めるべきです。
また医師を取り巻く環境も、転職に大きく影響します。
たとえば家族持ちの医師の場合、配偶者や子どもの事情を考慮する必要があるために、自分の好みだけで転職を決意することはできません。
それでも比較的自由であり、エネルギーに満ち溢れている独身の医師などは、上記で述べた医師転職サイトの情報などをメインポイントとして転職を考えることができます。

将来のために医師転職サイトを利用する

今は雇われ医師であるものの、将来は開業医として自分の病院で働きたいと考える医師もいます。
このような医師の多くは現在働いている職場で様々な経験を得たいと考えます。しかし中には自分が希望する仕事が与えられないと感じる医師もいます。このような医師も転職サイトを利用し、自分が希望する仕事を行える職場に移動することができます。
この場合、目を通すべきなのは仕事内容に関する情報です。
これは将来の開業を考えている医師にとって、必須であるといえます。
そしてもう一つ、注目すべき点があります。それは転職先の規模です。
実のところ、開業医は医療に関する専門的な知識や経験を広げることだけではなく、病院経営についても学ぶ必要があります。
しかし規模の大きな医療機関ではこの点に関する専門家が勤務しているために、医師は医療現場に集中するよう促されるわけです。
開業すると保険制度や経理会計財務に関する仕事を行わなければならなうなります。
もちろん専門家を雇うという方法もありますが、開業医が基本的な知識を得ていなければならないのは言うまでもありません。

そのため将来の開業を考えてこれらの点を勉強したいのであれば、比較的規模の小さな医療機関に転職することができます。
もちろん大規模の医療機関にはたくさんの経験を積んだ医師が勤務しており、そのような医師から多くを学ぶことができます。
そのため先にも少し触れたように開業医を目指して段階的な進歩を目指しているのであれば、自分の希望する仕事を行えることに加えて経験のある医師が勤める大きな医療機関でまず働くことができます。
その後小規模の医療機関に転職し、経営方法について勉強することができます。

家族のために医師転職サイトを利用する

現在得ている給料の額、そして仕事内容には満足しているものの、労働時間に対して不満を抱いている医師は少なくありません。
たとえば家族を持つ医師の場合、今の職場で働くことで配偶者や子どもと過ごす時間が十分に取れないと感じる医師がいます。
とりわけ夫婦で医師として働いている家族の場合、子どもは父親とも、そしては母親とも十分なコミュニケーションが取れなくなってしまうことがあります。
また高齢の親の世話に時間を当てたいという医師もおり、このようなケースでも長時間労働が大きな障害となります。

労働時間の短縮を希望する場合、医師転職サイトの検索欄に「残業無し」「当直無し」「夜勤無し」「土日出勤無し」などのキーワードを打ち込み、転職先を探すことができます。

恐らくこのような仕方での転職先探しにおいて、一番心配されるのは転職後の給料の額でしょう。
「これまで長時間働き、夜勤を行い、さらには緊急手術などを行って高額な給料を得ていたものの、それらに携わらなくなればどれだけ給料が減ってしまうのだろう」と考えるのは当たり前のことです。
確かに多くのケースでは、労働時間が短い医療機関への転職は給料の減少を招きます。

しかし医師の場合は経験や得ているスキルが給料の額に反映されます。
そのため労働時間の短い職場に転職したからといって、給料が大幅に下がるとは限りません。
仮に下がったとしても、それによって生活が著しく苦しくならなければ問題はないでしょう。
その分、家族と一緒に過ごす時間が増えるわけですから、このメリットを考えるとこの種の転職は正しい選択であると言えます。

医師を取り巻く状況は日々変化していきます。
先にも触れたように、親の加齢に伴ってお世話が必要になるケースもあります。
そのため突然、労働時間を調整しなければならないという状況に陥る医師もいますが、このようなときに医師転職サイト大きな助けとなるのです。