医者も転職をする!?医者が転職を考える理由とは

医者も転職をする

終身雇用年功序列といった考え方に陰りが見え、最近では転職をする人も増えてきました。

そんな中、医者というものはいまだに人気の職業であり、どこに行っても仕事に困ることがない、などと思っている人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら医者は転職をしないのではないかと思っている人もいるかもしれませんね。

実は医者も転職します。

平均3回から4回は転職をすると考えられているのです。

確かに医者という職種から離れるわけでは無いですが、病院を変える医者は少なくはありません。

まず、大学を卒業して医師免許を取ると、大学病院などで研修を受けます。

大学病院というのは教育機関でもありますから、一人前の医者としてやっていけるように教育を受けるのです。

そしてここを退職する時、医者としての人生が現実的になります。

大学病院教授準教授講師医長、医という順番に成り立っており、1番多いのはいわゆるサラリーマンのような存在である医員です。

しかし彼らは簡単には教授や準教授、講師になれません。

ですから昇進そのものがまず不可能であり、さらに医局派遣で遠いところに飛ばされてしまう可能性もあるのです。

次はどこに生かされるのかわからないという恐怖心から他の病院に転職し、安定した生活をしたいと考えるようになります。

これが最初の医者の転職です。

そしてこの転職は簡単なものではありません。

医員が退職したい、転職をしたい、という相手は実は教授です。

つまりサラリーマンでいうといきなり部長クラスの人間に転職しますと言わなければいけないということになります。

そして大学病院の医局にしてみると医員は多い方が良いため、簡単に辞めさせてはもらえないという状態になるのです。

医局をやめるときの口実

そのため、医員も反対されず、引き止められず、楽に退職できるようにという言い訳を考えます。

女性がよく使う理由はもちろん結婚や出産です。

医者の世界は確かに妊婦さんなどに「大事をとって早く仕事を休んで」などと簡単にいますが、自分たちの中ではそのシステムが確立していないことが多いのです。

そのため結婚や出産をして特に子供がいる状態となると大学病院で医者を続けるというのは簡単ではありません。

あるいは親が医者だという場合、親の病院を手伝わなければならないというのも説得力がある理由になります。

確かに後継者として自分が家に帰らなければならないということになれば、それはなかなか引き止めることができませんよね。

実際に医者は親が医者であるということが多いため、この理由もよく使われます。

そしてどちらにも当てはまらない場合は親の介護という理由を使う医者が多いです。

確かに結婚する予定がないのに結婚を理由にすることはできませんし、親が医者でもなく、仕事を継がなければいけないという環境もない状態で親の手伝いをしなければいけないという理由は使えません。

医者の世界もそこまでひどくは無いですから、後々嘘がばれてしまうこともあります。

そんな時は親の介護をしなければいけないという理由が使えるのです。

実際に医療機関に働く人間として、これに反対するものはまずいないでしょう。

そして医局を辞めたいと思うときには次にどうするのかということを決めておくことも大切です。

というのは、もしも大学病院を離れたいけれど次にどこで働くか決まっていない状態で退職の話を持ちかけてしまうと、教授から妥協案を持ち出されることも珍しくはありません。

例えば今までは田舎の病院に派遣していたけれどこれからは本院にいかせてあげる、海外留学は興味がないか、などと言われ、最終的に大学病院に残ることになってしまうということも少なくありません。

しかしその後どこで働くかということが決まっていれば教授も退職届けを受理せざるをえなくなるのです。

退職の理由2

大学病院を離れた後も、他の病院で勤務をし始めてさらにその病院を離れ、他の病院に移る、という医者は少なくはありません。

まず医者が働いている病院を離れたいと思う時、多くの理由は年収を増やしたいということになります。

医者と言えば高所得者じゃないのかと思う人もいるかもしれません。

しかし、開業医ならば話は別ですが、勤務医の場合は年収が1,000万円に満たず、むしろ500万円から800万円と、ちょっとばかり稼げるサラリーマン並みの年収であることが多いのです。

その一方で忙しく、責任がある仕事をしていますので割に合わないという事から高い給料を求め、転職をしたいと考える医者は少なくはありません。

また、年収はそこまで高くなくてもいいからもう少しゆっくり働きたいと考えて転職したがる医者もいます。

どれだけ収入が高くても毎晩のように緊急オペが入ってしまったり、朝から夜遅くまで働き、そして人の命を預かるというのは簡単なことではありません。

特に家族がいて子供が大きくなってくると、家族と過ごす時間が欲しいということで、ゆっくり働ける病院に転職を希望する医者もいるのです。

  • 特に子供との時間を大切にしたい、
  • 両親の介護をする時間が欲しい、

と考えることによって転職を希望する人が出てきます。

そしてやはり医者だからこそ、開業したいと考える人思います。

しかし医師免許持っているからといって誰もがすぐに開業できるわけではありません。

保険や経理会計財務を全て自分たちで行わなければいけませんので、きちんとノーハウを学ばなければいけないのです。

小規模な病院に転職したいという人の中には将来に備えたいと考える人もいます。

そしてどの分野でも同じですがやはり人間関係につまずき、他の病院で働きたいと考える人思います。

理事長と考え方が合わない、看護師とうまくいかない、何という理由によってキャリア形成に不安を覚え、もう少し違う環境で仕事を始めたいという人もいるのです。

ただし、どこに行っても様々な人間がいますので、人間関係につまずいて仕事を辞める人はどこに行っても同じような人間関係につまずくとも言われています。