医師の転職に外せない医師専門転職サイト

リクルートドクターズキャリア非常勤医師の求人

最大手人材紹介会社での医療業界に精通した優良求人が魅力!全国対応・高収入【非常勤向け】詳細を見る↓

リクルートドクターズキャリア登録

リクルートドクターズキャリア【常勤医師対応】

医師の求人が豊富で希望の病院やクリニックが見つかる内部情報と医師の支持率83%の信頼関係が安心の基本!【非常勤向け】詳細を見る↓

リクルートドクターズキャリア登録

m3キャリアエージェント

医師会員20万人以上のm3.com運営で病院の内情や医療業界に精通!常勤医師の求人は外せない!詳細を見る↓

エムスリーキャリアエージェント

医師 転職理由
人間なら誰しも悩みの一つや二つあるものです

m3キャリアは医師転職支援サイトで圧倒的に1位

医師求人、募集情報をお探しなら!
全病院の約9割と提携し、
日本最大級の求人数保有。
医師会員25万人以上を誇るm3グループだからこそ得られる募集情報で、
成功する転職をおすすめします!

  • 麻酔科の先生 年収約1,200万→約1,600万 約400万円UP!
  • 小児科の先生 年収約1,400万→約1,700万 約300万円UP!
  • 循環器内科の先生 年収約1,500万→約1,700万 約200万円UP!

入力は1分 完全無料 医師転職支援サービスに申込 ↓ ↓ ↓
エムスリーキャリアエージェント

医師も例外ではありません

会社員の大半が転職したい心理があるように

収入面で
社会的にも恵まれているはずの医師も考えてもおかしくありません

医師にもどうしても転職する必要があるのです

  • 年収アップ
  • 引っ越し
  • キャリアアップ
  • 開業

医師 高収入には転職が必要です

転職 するために家族を犠牲にすると嫁が逃げます

転職するために引っ越しするは、医師の実家の郷里では気の弱い嫁が逃げます

そうですね・・・奥様と十分な相談の上、転職の準備をしないと家庭崩壊につながります

実家の郷里での跡継ぎ開業の転職は、嫁の想定外の離反に直結します

旦那は自分の医師一族への仲間入りで安堵感が漂いますが

気ままで気品の高い医師一族の、ど真ん中に嫁一人が投げ込まれるわけですから

よほどの気丈な嫁でない限り精神的に耐えられないのです

 

医師の転職理由は

1、高収入

2、引っ越しが

この引っ越しにまつわる諸問題が大問題であることを十分理解して

転職に踏み切る必要があるのです!

 

高収入はコケても、転職の方法があります

高収入でコケる転職失敗の理由は、想定外の激務です

医師専門の転職エージェントの担当キャリアコンサルタントに

転職先予定の医療機関の内部情報をシッカリ取ってこさせれば済む話です

転職の内定承諾は、労務条件と年収を

担当キャリアコンサルがあきれるほど確認してから承諾することです

少しでも勤務条件が怪しげなクリニックへは転職しないことが賢明です

医師求人情報・転職支援なら、エムスリーキャリアエージェントエムスリーグループ運営の医師求人、転職支援

エムスリーキャリアエージェントは医師転職で業界最大級

施設区分

一般 (6736) 療養型 (500) 精神 (643) 老健 (163) ケアミックス (3835) クリニック (1755) 産業医(企業) (12) 製薬企業 (11) その他 (13)

特徴

年収1800万円可能 (2653) 当直なし (2040) 週4日、ゆったり勤務 (1485) 休日しっかり (1469) 通勤便利 (1689) 専門医取得・認定施設 (835) 医療機器・設備充実 (789) 女性医師におすすめ (359) 人気エリア (968) 60歳以上OK (79) 先進的医療・高度な医療・特殊医療 (90)

注目キーワード

訪問診療 外来診療 病棟管理 専門検査 専門診療 心カテ 内視鏡 透析

年収1500万~2500万 (応相談)
年収1800万円可能 常勤医師の求人検索結果 2653件

夜勤がネックとなり、医師転職を考慮する

医師の転職理由は給料だけではない

医師になるのは決して容易なことではありません。
尚且つ人命を救うという大切な仕事であるために、この仕事に憧れる人は少なくありません。
しかし現在、医師が不足しているというのも事実であり、多くの医療機関はスキルのある医師を求めています。
このような事情により、給料のよい医療機関に転職しようと考える医師も少なくありません。
それでも医師が転職を考えるのは、給料に関することだけではありません。

医師には入院している患者さんたちをケアするという重要な責任があります。
そのため当然のことながら病院を空けることはできません。
病院には必ず当直や夜勤が存在するのです。
このようなシフトは休日の定期性に影響します。
また夜に働くことは体力の消耗につながることもあるために、決して容易なことではありません。

そのため当直や夜勤が自分自身、もしくは自分の家族に影響をもたらすと考え、転職を考える医師も少なくないのです。

もちろん同じ職場で固定シフトで仕事ができればベストですが、医師が少ない医療機関で働いている場合、そのような条件が受け入れられないこともあります。
こうした状況では、職場を変更する必要があります。

もしかすると「医師の仕事を行う以上、当直や夜勤は避けられない」と感じる医師がおられるかもしれません。
しかし医師転職サイトなどを見ると、必ずしもそうではないことが理解できます。
つまり当直や夜勤のない医療機関で働くことは可能なのです。

医師求人サイトの検索ワードに注目

現在、たくさんの医師求人サイトが存在します。
このようなものを上手に利用すれば、当直や夜勤のない職場を見つけることができます。
この場合、検索ワードを効果的に使用することができます。
「当直なし」や「夜勤なし」といキーワードで検索すれば、条件に合った医療機関が表示されます。

また中には休日をしっかりと確保できるという条件を前面に出している医療機関も存在します。
このようなところもチェックしてみることができます。

加えて得ている資格や経験などによってこちらの条件が考慮されるケースもあります。

たとえば医療機関の中にはある種の業務を専門的に行ってくれる医師を必要としているところもあります。
それに見合った資格や経験を有している医師の場合、勤務時間を選択できるケースもあります。

医師求人サイトの中には資格や経験を検索ワードとして入力できるものもありますので、このようなものも有効活用することもできます。

もちろん職場を選択するにあたり、当直や夜勤がなければそれでいいというわけではありません。
自宅から職場が遠くなってしまう場合、引っ越しが必要となります。
子どものいる医師の場合、このようなケースでは子どもの転校が必要となります。
また家族が新しい環境に慣れるためにはそれなりの時間が必要となりますので、ただ当直や夜勤がないからといって、安易に転職を考えることはできません。
このような場合、エリアの選択も忘れてはなりません。

独身の場合はたくさんのチョイスがある

上記では家族のいる医師の転職について触れましたが、独身である場合は選択の幅が広がります。
たとえば転職に伴って引っ越しが必要となる場合でも、独身であれば配偶者や子どもについて考える必要はありません。
そのため家族のいる医師よりも、独身の医師のほうが転職は容易です。
またとりあえず当直や夜勤のない職場に転職したいという場合、非常勤の求職に目を向けることもできます。
定職ではないものの、この手の形態は労働時間が固定されていることが多いために、夜間の仕事は避けることが可能です。

またとにかく当直や夜勤がなければ、シフト制勤務でも構わないという人もおられることでしょう。
夜勤なしのシフト勤務の場合、後半のシフトは夜勤が始まる前まで医療機関で勤務し、夜勤担当者が到着したら帰宅するという流れとなります。
このような労働シフトの場合、夕方や夜に仕事を終えて帰宅することになっても、自宅が近かればそれほど遅い時間帯に帰宅することにはなりません。
そのため当直や夜勤によって睡眠時間が妨げられたり、体調を崩すのが心配であるという医師で、自宅が職場近くにある場合、このようなシフトを採用している医療機関に転職することができます。

医師転職サイトには様々な条件の職場が紹介されており、細かな情報を入手することができます。
これまで考えてきたように、当直や夜勤は避けたいという理由は人それぞれ異なります。
そのためこうしたウェブサイトを使用することは、大きな助けとなるのです。