転職成功の転職サイトランキング10個の理由とは?
転職成功10個の秘訣コツのポイントは?

  1. 辞表は転職内定承諾後に提出
  2. 業種・職種を重視の選択
  3. 企業内部情報まで徹底調査
  4. やりたい仕事である事
  5. 目的はキャリアアップ
  6. 高収入の転職
  7. 本気の転職
  8. 即戦力スキルで企業に貢献
  9. 本音と建て前を使い分け
  10. 転職エージェント同時期に複数登録

転職先を決めてから退職するのが鉄板

転職成功の鉄板は、転職先を決めてから退職すること!

退職してからの転職活動は長期化のリスク有!

最悪な転職失敗例は、先に辞表提出して離職してから転職活動を開始例に多い

転職先からの内定通知を確認してから退職届を出せば転職失敗ありえない?

失業保険の手続き後にしばらく骨休み・・・

そして重い腰が上がりにくい状況でハローワークへ通う方法はNG!

転職するなら本気ですること

大事なことは先に情報を集め

転職先を確保してから離職することが肝

転職活動は、公休や勤務時間外・アフターファイブに自宅からすること!

今の転職エージェントはネット利用で用は足ります

もちろんスマホOKです

勤務中にコソコソと転職活動をすることは絶対ダメ!

公休等を利用して堂々と自分の自由時間帯をフルに活用しましょう

本気の転職のために、うまく転職エージェントを活用すれば

転職に不可欠な情報を集められます

転職エージェントを活用しない選択は、自分にとって不利益です

転職エージェントは少なくとも大手2~3社に登録しないと大損します

大手転職エージェントは転職ノウハウの塊でもあるからです

そして、何より重要なことは

転職先企業を決定してから前職を辞めなければいけません

①転職先が決まってから会社を辞めること!

求職活動は在職中にする。

転職成功者は在職中から着々と具体的な転職準備を進めています

実際に辞表を提出するのは、

転職先会社の内定が決定してからです

就活を会社に報告するより

秘密にすべき内容なのです

再就職が決まる日程予測はできません

希望や条件が高いほど決まりにくい可能性があります

問題はそれまでの生活費?

再就職がずれ込むほど

毎日の転職活動費や生活費がかさみます

転活軍資金が枯渇すれば即就活敗北に直結します

それに追い打ちをかけてくるのが租税公課でしょう

厚生年金から国民健康保険の変更で支払い一気に増加!

所得税は昨年の年収が基準です

いずれにせよ限られた期間の転職活動では

希望する優良企業への転職は至難の業です

出来ることなら在職中に転職を成功させましょう!

②転職は複数エージェントへの登録が有効

求人情報を絞り込むと転職失敗の原因になりかねません。

複数転職エージェントの登録で得られる
質の高い求人情報から転職先を選びましょう

転職目的を実現できそうな企業情報の入手が重要です

例えばTOEICスコア700以上なら迷いなく転職エージェントが有利など・・・

自己分析~自己棚卸で最適な転職を見つける作業も最低限必要です

仕事内容と収入をしっかり確認できない転職は好ましくないのです

収入や残業についてはキャリアエージェントに問い合わせ依頼して

転職先の会社の実態を把握しておく必要があります。

特に年収に関する疑問をハッキリできるのは転職エージェント以外にはありません

面談時点で給与のことを具体的に突っ込んで訪ねても

期待している明確な回答を得ることは困難なです

面接設定前にエージェント担当者に事前の根回しで回答を獲得しておけば問題はありません

むしろ収入や残業と公休、

それに昇給の実態などの質問はエージェントに依頼できる最も頼れるジャンルなのです

内定承諾前に必ず給与の表記内容をチェックしてください

応募企業を1社だけ絞り込んで力を集中しても

必ず採用されるわけではありません

有力企業の転職希望者の採用率は予想外に低いもの

複数の選択肢を準備して

粛々と条件に適した企業に応募しましょう

応募者は数ある企業から選択できますが

採用企業はもっと多くの応募者から選抜します

応募者は、与えられた面談チャンスでポイント獲得するために

面接慣れすることも大切な要素です

本命面談以前の企業面接を積極的に活用しましょう

何回も転職するのではなく

非公開の面接体験ですから

面接回数の是非は問題外です

むしろ加算され有利に働くでしょう

③転職活動前のフェイスブック見直し!

採用企業の担当者が見るフェイスブックはどうなっていますか?

職務履歴書や面談で成功しても

フェイスブックを見られて

こいつはダメだ!と思われたら終わり!

プロフィールをしっかり正しく記載

顔写真は清潔で好感度のものに差し替える

ネガティブな発言を繰り返さない

人の悪口は命取り

転職成功はエージェントと上手く付き会う事

転職の最初の段階はエージェント探し

最後の決め手は

よいエージェントと良好な関係

面接の心得や

履歴書の書き方

年収交渉の依頼

転職先企業の内部情報~

仕事内容から人間関係の風通しの良さなど

知りたい情報は全てエージェントが絡んでます

転職は今の時代システム化されています

システム化された転職エージェントが役立ちます

その手段が多くのエージェントに登録して

最適なキャリアエージェントを探すこと

つまり開発の仕事とある意味同じです

開発以上にレベルの高い作業がエージェント開発です

自分に最適なエージェントを見つけましょう

エージェント付き合いの為に転職するのではありません

転職活動期間中エージェント付き合いは

仕事の取り組み方を変えたくなるレベルの

貴重な情報が得られます

今すぐエージェントに登録して未来の扉を開くべきです

エージェント転職求人おすすめ人気ランキング

決定版はリクルートエージェント!

その理由は約37万人の転職成功者が

リクルートエージェント利用した実績があるからです

リクルートエージェント転職支援サービス&リクナビNEXT登録はココ

③転職する根本原因を具体的にまとめる!

人間関係に問題がある

上司と折り合いが悪い

残業が酷

年収の低さや公休が取れない

会社の将来性が不安

転職希望者がほとんど口にする定番文例など

転職理由をすべて上げると転職者の数だけあります

転職理由が重要な理由は

採用担当者が、どう受け止めるかか?という点にあります

(この転職理由はわが社にもソックリ当てはまりそうだ!)

いくら美辞麗句やロジックを並べても面接担当者がこのように感じたら間違いなくアウトです

転職メリットが感じられるロジックは最低限必要なのです

少なくとも当社の業績に貢献する可能性が大きいと

思わなければ採用はありえないはずです

これじゃ当社でも同じだから

すぐ辞めるだろう!

なんて思われないように

シッカリとした退職理由を準備することが大切で

転職 失敗の原因は受からない履歴書?

履歴書は書類選考の審査対象です

学歴や職歴と応募動機などの項目をマナーに即して記載する必要があります

面接の前段階で履歴書選考がすでに行われていることになります

マナーや礼儀を押さえ

スッキリと綺麗に書く必要があります

会社から指示のない限り

履歴書は手書きが基本です

転職成功例

転職成功例

転職成功事例や体験談などから学ぶことは多い

転職成功者の転職成功の秘訣やコツを抜き出し

ある種の共通点を洗い出せれば転職を成功させるノウハウが見えてきます

転職成功例は同業種でなくても異業種 異職種からも
業界特有の事情を知るなど

何気ない小さな気づきや一言が人の人生のターニングポイントで方向性を決めることもあります

転職失敗に学ぶ転職成功術失敗の傾向を探れます

仕事経歴や身に付けたスキルと実行力

今要求されているコミュニケーション能力など

一定レベルに到達しているビジネスマンの差異は僅差ともいわれています

ほんの僅かな気づき感覚や行動が転職の成否を決めている事例が多いのです

例えば企業面接での最初の3秒で第一印象が決定される3秒ルール

その後の15分間は、最初の3秒間の印象に人の本能は拘束されています

 

態度言葉使い身なりへの気づきと配慮

Aさんはスーツの背中に目立つフケ!

Bさんは小綺麗な身だしなみで背筋伸ばしたハキハキタイプ

最初から優劣が決まります

女性管理職が採用する転職者なら

いくら優秀なスキルが期待できても

フケだらけの背中を毎日見せられるなんて耐えられないのです

 

まず他人の目を意識するのではなく

他人の目から見た見たくない自分の醜態を修正することです

 

コカ・コーラが世界的に売れた理由は

スカッとさわやか!

 

40代 転職成功例

40代で無職は就職で来ません

今までの会社生活を棚卸しながらリフレッシュ

中高年真っ只中の立ち位置を十分わきまえた転職の方向性を決めても

それは空振りに終わります

転職は転職先があって初めて成り立ちます

 

自分の適齢期を決めても

相手がいないと結婚は成立しません

 

結婚とは違いますが釣書が転職にも必要なのです

書き方次第で好感度が格段にアップするのは全く同じです

企業の名刺を前面に押し出せる現役社員と
失業中では、人の脳が自動的に優劣を決定づけるのです

ピカピカの20代はそれでもまだ光るのですが
老化の陰りが出始める40代では無理でしょう

自分では落ちついて転職活動をしているつもりでも
人の目には真逆に映るのです

落ち着きは時の経過とともに焦りになります
40代で転職に焦る姿が面接で醸し出されると即転職失敗に直結しかねません

現職で勤務しながら
オフタイムでの就活に徹すべきであり
転職成功者の事例でも鉄板の法則です

退職届は内定承諾後が最適です

それは内定通知に喜び
直ぐに退社すると
稀に内定取り消しという事態まで発生しかねません

厳格には
内定承諾後、労務契約締結前です

転職成功のコツは
余裕を持つことです

現職を離職すると預金は身に見えて底をつきます
失業給付金も
生活費がかさむ40代代では焼け石に水

住宅ローンの返済すら滞りかねません
そうなると一気に奈落の底まで転げ落ちかねません

シッカリ仕事を続けながら
シッカリ転職先を決める

これは自力では無理があります

だから転職エージェントが乱立する社会情勢なのです

如何にいいキャリアコンサルタントに巡り合えるか?
そのために転職エージェントに複数登録をして
いい転職先を見逃さない
敏腕キャリアアドバイサーを手中に収める
信頼できるキャリアアドバイザーとの良好な関係が
転職成功に必要です

キャリアコンサルに一流転職エージェント貯蔵の
転職ノウハウと非公開優良案件を提示してもらう

キャリアコンサルに求人企業の求人情報の背景まで探ってもらう

転職でのミスマッチを避けるためにも
無駄な企業面接を多発させないためにも

最低限の情報収集を勤務しながら確保する手段は絶対に欠かせません

自分は現職で勤務しながら給与を頂く・・・
キャリアコンサル利用は全て無料です!

先に退職すると
出費の差異は歴然です

まずは転職エージェントを探しましょう

転職業界でNo.1企業

リクルートエージェントです

非公開求人だけでも137,000件も保有しており

転職者にとっても外せない重要な情報源です

 

転職業界でNo.2企業

DODAです

人材紹介業界でトップクラス

旧社名インテリジェンスで情報量の多さはトップクラスです

 

転職エージェント業界で評判のいい名実ともにトップ2エージェントを活用することで

転職失敗しないノウハウを駆使して

転職前のターニングポイントを

後悔しない転職成功へ繋げるべきでしょう

複数登録すべき転職エージェント

転職市場占有率上位から登録必須2~3社がおすすめ

転職エージェント同時期複数登録の転職成功率UP戦略がおすすめ!

No.1の転職エージェント

業界総合シェアNo.1
正社員の非公開求人情報137,000件は圧倒的に多く高収入転職に有利!
転職成功者は累計37万人越えの実績も20代~30代のキャリアアップ実現の最適期待値を語っています!
転職ノウハウやツールも多く、職務経歴書添削や面接アドバイスも充実
女性転職から大手上場企業やtoeic700外資系など、あらゆる転職希望に対応可能
リクルートエージェント
転職エージェント業界No.2

求人業界のインテリジェンスが運営
求人案件数は圧倒的に多くキャリアコンサルタントが充実!初めての転職者から第二新卒やIT関連ベンチャー・大手異業種転職にも安心な情報が満載で、評判いい企業網羅!
➡評判いい優良企業多い!満足度NO1
DODA
サポート高品質の定番エージェント
人材派遣パソナの運営で求人企業との太いパイプも魅力!女性キャリアにも評判の良い使いやすいエージェントです
➡ サポート高品質の定番
パソナキャリア