面談の次は転職内定ですが・・・
転職内定を受領し
入社の承諾を伝え
労働契約の書面契約を交わして採用となります

まずは返事
内定通知メールは一両日中に返信する
採用内定なら、電話・メールがあり
不採用では メールだけ

電話があれば相手の名前を必ず確認する
返事が遅れると内定辞退とみなされる

条件確認
勤務条件や給与など不明な点を確認しておく
待遇面の問い合わせも忘れずに

意思表示
入社承諾で内定決定
入社日も会社の指定に合わせて決定

前職の円満退職

円満退職に向けた退職手続きが不可欠です
退職ポイント

  • 転職先は絶対言わない
  • 転職の硬い意思を貫き通す
  • 甘い説得に乗らない
  • 退職したくなる会社はあなたを重視していなかったのです
  • 説得するのは直属の上司が自分のマイナス評価を避ける理由以外ない
  • お礼と退職のお詫び以外いわない
  • 残務の適切な処理

入社

入社手続き
労働契約書に署名
雇用保険被保険者証
年金手帳
源泉徴収票

就業規則の確認

初出勤日
予定業務の知識

出勤時刻は確認した方が無難

転職 内定からが本当のスタート

晴れて内定通知をもらったら・・・

円満退社の為にするべきこと

転職 失敗は初出勤から始まります


転職 失敗で退社する?

人間関係とよく言われますが・・・

転職 失敗の大きな要因は

企業風土や社内文化とのかい離ですね

転職先の会社に馴染めない原因は

教育体制の欠如にもあります

今までの職種や会社とは

全く異なる企業文化や社内文化の壁が

以外にも大きく立ちはだかります

いくら人間関係が良好な企業でも、その文化に溶け込めないタイプに人は必ず存在します

現実に仕事をした初めて体感できる企業風土は予想以上に多いと言えます

役立つ実務スキルを早く習得すべきですが・・・


習得機会の少ない現状でとスキルギャップをどう克服すべきか?

大企業に近づくほどに目立つ企業風土や独自の社内文化!

求職希望企業に存在する独自文化の習得機会が鍵になります・・・

過去に転職した事例が多いほど解決の秘訣が分かり易いことになります