大半の会社員は会社を辞めたい!
仕事辞めたい本音は言えないが

仕事辞めたい 原因は

  • ワンマン社長馴染めない 人間関係
  • 労働時間 サービス残業 残業多い
  • 評価されない

そう感じている調査が多数あります

本気で仕事辞めたい理由 転職ランキングに納得して
doda 転職理由探して転職エージェントに辞めたい方向で相談するか
仕事辞めたい理由をキャリアアップで
転職おすすめ企業を探すことになります

転職への思いの根源は今の仕事に対する将来性?


今の仕事て満足ですか?

大半の会社員は転職したいと感じている事実がありますね・・・

でも思い切って転職するか?

現状を打破してもうひと踏ん張りするか?

色んな選択肢もあることも現実です

ココでの問題は人に相談しにくいこと!

本社勤務なら競争も多く相談相手は皆無・・・

だからリクルートエージェントが選ばれるのでしょうね!

およそ30万人もの転職希者に選ばれた3つの理由が公開されています

1.転職成功実績ナンバーワン

2.頼れる専任アドバイザー

3.非公開求人約10万人

転職成功者に圧倒的支持されてきたエージェントだけあって

企業情報~求人情報まで圧倒的なBIGデータがあります

転職のすべての糸口を早く見つけて

諸先輩のように一日でも早く歩んでください!

転職 失敗

転職成功するつもりが転職 失敗してしまった例は多いですが・・・

その時、誰もが転職失敗 辞めたいと思い

転職 失敗の後悔を知るが後の祭り

転職 失敗 出戻りなんて思いもよらなかったことですが・・・

そのうち転職 失敗 うつ状態から晴れない気持ちが続くと

転職失敗 無職ということにもなりかねません

転職 失敗は人生奈落の底に陥る可能性が高いのです

転職 不安

転職の不安が潜在的にあれば、気持ちはあっても転職不安が脳裏をよぎり

具体的に踏み出せない転職活動

仮に大手企業への転職に見事成功しても、次に襲ってくるのが転職 不安の発生です。

大企業に近いほどそれなりの企業風土や社内文化も固定化しており、

仕事への習熟に焦りが出ると同時に過去に身に着けていたはずのスキルが役立たない苛立ち!

転職不安の第一番目は人間関係構築のむつかしさ

現実にこなしていない新会社での実績の欠如が漠然とした転職 不安感が襲ってっきます

すでに出来上がって固執されている企業風土や雰囲気に馴染めないことから

パワハラやいじめの受動態としての転職不安が消えない

転職 後悔

転職失敗談を見ると転職 後悔のコメントが数多くあります

少しのトラブルで転職後悔するタイプが多いことも事実です

定番の言葉でいうと、こんなことなら転職しなければよかったと、転職 後悔することです

転職後悔後に立たず

飛び立つ鳥は後を濁さず転職 後悔もしない決意が重要なのです

簡単に尻を割る習慣は避けましょう

遠くの芝生がよく見えるように、前の会社がよく見えてきたなんて洒落にもなりません!

面接 時間

転職活動でネックになるのが面接 時間をどう取るか?

うまく公休が合えばいいのですが・・・指定されたや日程を変更するのはタブーでしょう

最初から変更のない計画的な面接 時間を設定する方法を検討すべきです

の設定に関しては転職エージェントなどの

キャリアコンサルに交渉を委託して変更することのない日程調整つが望まれます

面接 時間を変更するマイナスポイントは予想以上に大きいものです

面接のキャンセルは転職失敗以前の問題なのです

採用担当者から?評価を面談前に頂戴するだけでなく

エージェントと採用企業との関係からしても最悪なのです

せっかく開拓した採用企業が?評価エージェントになる恐れもあるからです

あなたに優良企業を紹介してくれる機会を放棄することにもなりかねません

転職 内定 辞退

やっと決まった内定通知、それでも内定承諾前なら転職 内定 辞退もありうることです

むしろ勤務体系や待遇・給与規定に不安が発覚すれば、

早急に転職内定 辞退するケースも発生します

あなたが入社できるのは1社!

複数の内定通知、第二志望企業から先に内定を受領すれば転職 内定辞退を如何に保留すべきか?

転職活動での内定辞退は可能です

それも優勝な転職者ほど転職内定辞退は同時発生しています

転職 内定 辞退は当然速やかに連絡すべきですが

会社連絡するマナーも守らなければなりません

一番の問題は狙った企業からの内定採否の通知が

まだ来ない時点での他社からの内定通知の連絡・・・

普通は2~3日、1~2週間が保留可能な最大期限

採用側企業も時間と費用をかけていることを考えないとトラブルになるかもしれません

1週間以上だと内定取り消し通知が来る可能性があります

間違っても本命からの採用通知を待っています!は絶対ダメ!

身内に相談していますとか・・・きれいに流しましょう

もし内定受諾後の内定辞退ならできるだけ早く電話で連絡しましょう

内定辞退への早急なお詫びを、

誠に申し訳ございませんが内定辞退させていただきますと、

自分で考え検討の結果だけをス㏍リ伝えることです。

また、転職関連のエージェントやキャリアコンサル依頼のケースでは、

敏速な連絡と内定辞退理由の詳細をハッキリ丁寧に伝えましょう!

自分での交渉やエージェント利用のいずれの場合も誠意をもって対応することが大切なのです

転職 失敗談

転職失敗とか転職成功の事例を見る前に、自己分析

つまり自己棚卸が先決!

転職失敗とは、

こんな仕事だったのか?

よく考えればよかった!

結果的に見れば大半の転職失敗

自己分析不足が原因!

新卒の場合なら社会との適合性を見るためにも自己分析が必要です

転職なら今までの生きざまをしっかり棚卸することからスタートです

転職 成功事例はどうなのかっていうと、
たまたま運がよかったケースが90%、
あとは事前準備の勝利でしょう

転職失敗 どうすると考える前に自分をしっかり棚卸して
進むべき方向性を見つけ出すことが転職の要となるのです

たまたま目についた求人広告で

フラーっと転職しても、転職成功は望めません

労働条件、残業が多すぎる、ワンマン社長の存在・・・

およその転職失敗理由は事前に阻止できる事柄なのです

何事も事前準備が必要なのです

労働条件通知すら目を通さないで内定承諾を経て入社勤務後に、

こんなはずではなかったとは、

あまりにもお粗末なのです

転職失敗 知恵袋にあった典型的な解答例↓

中高年の転職失敗者ってゴロゴロいるよ!
あたまで就職ないのわからないのかな?

医師でも転職失敗するのはなぜ?

転職に失敗する人はあらゆる職種業態にいます

転職理由は同じような傾向なのです

労務環境や収入と人間関係は外せない要素です

収入や人間関係などが並びます

キャリアアップやと開業・勤務地の希望などもあります

医師でも転職失敗は再就職にマイナスになります

医局からの転職は病院経営数値まで調べたり、と

情報収取の重要性は想定以上です

常勤・非常勤アルバイト医師転職全てにおいて

複数エージェントを利用活用するのが賢明です

それでも転職決定までに就業条件や収入・

労働条件の家族合意など

十分に確認しておく必要があります

今すぐ転職しなくても登録だけすれば

必要な情報を常時入手できるので余裕をもって転活しましょう

複数登録すべき転職エージェント

転職市場占有率上位から登録必須2~3社がおすすめ

転職エージェント同時期複数登録の転職成功率UP戦略がおすすめ!

No.1の転職エージェント

業界総合シェアNo.1
➡非公開求人情報137,000件は圧倒的に多く高収入転職に有利!
転職成功者は累計37万人越えの実績も20代~30代のキャリアアップ実現の最適期待値を語っています!
転職ノウハウやツールも多く、職務経歴書添削や面接アドバイスも充実
リクルートエージェント
転職エージェント業界No.2

求人業界のインテリジェンスが運営
求人案件数は圧倒的に多くキャリアコンサルが充実!初めての転職者にも安心な情報が満載で、
評判いい企業網羅!
➡評判いい優良企業多い!満足度NO1
DODA
サポート高品質の定番エージェント
人材派遣パソナの運営で求人企業との太いパイプも魅力!女性キャリアにも評判の良い使いやすいエージェントです
➡ サポート高品質の定番
パソナキャリア

いずれにせよ仕事辞める理由ランキングで公休未消化は転職理由の常連であり
医師 辞めたい理由でも  労働時間と激務はランキングに入っています

企業に入社して
仕事辞めたい1年目の転職
仕事辞めたい2年目の転職
仕事辞めたい3年目の転職

仕事辞めたい20代の転職理由は
間違いなく人間関係ノルマがノミネートされています

だから転職理由を上司との折り合い残業が多く数値責任がきつい
ワンマン社長 仕事辞めたい馴染めない

仕事辞めたい 労働時間も本音の理由です

仕事辞めたい 理由の本音は、

馴染めない 評価されない  サービス残業 残業多い
と言えば、採用担当者は当社も似たようなもの
離職するのは時間の問題かな?
と思いを走らせペン先は✖と何気に記載しているはずです

一般の会社員は
仕事辞めたいと思っても
一過性のもので本気で退職を考えていません

仕事辞めたい
早く転職してキャリアアップしたい
と、本気で今の会社に見切りをつけたいと思うなら

求人採用企業の担当者が

転職理由 キャリアアップに関して
納得する転職理由を考える必要があります

現実的に転職理由は
収入
人間関係
キャリアアップ
労務環境
評価
地域制
に含まれるので
如何にうまくロジックを構築できるか?

つまり転職理由に

  • 人間関係は必ずある
  • うまく切り抜けられない社員はダメだ!
  • 自分も悩んでいるのだから、

と採用担当者も分っているのです

ロジックと意欲で弱点をカバーする
それができないと当社でも務まらない

人間関係に悩んでいても
うまくスルーしておきましょう

それ以上に重要なポイントは
スキルを活かした前向きな仕事への取り組み姿勢なのです

求められている求人像にいかに接近できるか?

企業の要求に応じましょう

決して企業側に変化を求めないことです

だから仕事辞めたいとは、冗談でも言わない
退職のタの字も口に出さないのが
日本の会社、つまり企業文化なのです・・・

本音と建前の典型的なサラリーマン社会だから
仕方のないですね・・・

でも本気で転職を成功させるなら
口に出す必要はありませんが
勤務しながら転職活動をヒミツで実行する必要があります

仕事辞めたいと言えない理由は
会社に相談しても評価が下がっても
上がることはないからです

配置換え、所属部署の移動願いは別問題です

仕事辞めたい本音

仕事辞めたい本音の相談は
転職エージェントキャリアアドバイザーが最適です
本気の転職を考えているなら
上司や同僚、まして部下に相談する内容ではありません
女性社員が多いお局さんに男性社員が言いなり部署

そんなこと言っても転職理由にはなりません

転職理由の本音は建て前と異なる?

上司が気に入らない
上司だけでなく、経営者・先輩・同僚・部下・後輩の人間関係
社長方針が不満・仕事の仕方が不満で気持ちよく働けない
家族経営のワンマン社長・社長の親戚が多い
よくある成績は自分お手柄!
失敗はお前の責任と押し付ける尊敬できない上司に嫌気がさす

勤務時間と労務環境・労働環境
残業が多い・公休未消化・意味不明のサービス残業・職場環境が劣悪・不満
残業は仕事が遅い理由で改善無し・標準労働時間8時間に程遠い
労働条件・収入の問題
年収・給料が低い、昇給がない、昇進がない、昇給評価が低い不満
残業手当なしでは生活が成り立たない・男性と女性昇給ペースが極端な格差
成果主義どころでない・モチベーションが続かない
社風・企業文化
企業文化に馴染めない合わない・ぎすぎすした会社・仕事が面白くない・キャリアアップができない
チームワークがない・評価制度の問題
会社の経営状況と方針
会社の将来が不安・リストラ多し

仕事辞めたい転職理由!建て前が重要?

キャリアアップしたいんです
スキルを活かしたい
仕事が面白くない会社だった
給与が低い
責任のある仕事がしたかった
通勤時間が長すぎた

そして
社長経営者とか上司が気に入らない
自人間関係がうまくいかなかった
とはあまり言わないようです

上司が嫌だから・・・転職の引き金?

転職の引き金は上司との人間関係
でも、転職理由は面接で必ず尋ねられる項目ですね・・・

転職動機にはネガティブな隠された本音が必ずある
正直なところ、転職動機を掲げるとネガティブな動機ばかり
友人・親しい方々に相談しても
ハイ転職がおすすめですとは誰も言わない
理由の基本は、
人の価値観は星の数ほどあるから・・・
今周囲におられる方々は
建て前での価値観が一致している人間関係が多いはず

自身の価値観の進化による価値観の不一致は
不満に直結します

守り型の会社
攻めの会社

それぞれ価値観は180度異なるのです

時代の進化に取り残された会社との不一致

自己進化を求めるなら
転職成功の可能性は大きいと言えます

やりたいことがあるから転職する
自分の価値観に最適な企業を見つける

実際の転職理由は上記2点が多いでしょう

ところが
求人応募で
必ずある履歴書・面接

転職理由は何ですか?
なぜ当社を志望動機しましたか?

立派な志があっても
本音を羅列すれば
履歴書選考でアウト

結局、本音は口が裂けても言えないので
誤魔化し上手でないと転職は成功できません!

だから
転職の決断は
転職理由のロジックを
うまく構築できた時点でスタート・・・
ということになります。

転職理由や志望動機は
転職先企業の探している
理想的な転職希望者像にできるだけ
近づける方が内定率が上昇します

そのためにも
企業情報を可能な限り収取すべきなのです

但し
折り合わない人間関係は一定の確率で必ず発生します
大企業であるほど嫌な上司の絶対数も多く
必ず遭遇します

部門間移動もほとんどない小規模の会社なら・・・
嫌な上司に当たれば最後
死ぬまで使える気力が要求されます

一番無難な失敗しない転職は
転職エージェントから
転職先企業の社風や企業文化
そして人間関係の風通し情報を
入手しておけば
多少の心構えになるかもしれません

最も若い転職エージェントが
どもまで見抜く眼力があるか?
それはあなた次第になりますね・・・

結局
転職先企業の内部事情を
募集内容や
エージェントの話術から
どこまで探れるか?
ロジカルに構築した転職企業の選択方法で

生涯生き続けるのか?

転職理由

なぜ前職を辞めたのか?
企業面接で担当者が聞きたい必須の質問です

給料が安いとか
上司との折り合いが悪い
評価されない
気まぐれ出来心
など人それぞれですが

転職に至った本音があります
それをどう引き出すのか?
応募者と採用サイドとの攻防なのです

  • トラブルで辞めた
  • 扱いにくい奴だ
  • 飽きっぽい性格

面接でのタブーは嘘!

本音を言えば内定はありません
というのは
面接担当者に納得してもらえなければ
いくら真実を語っても内定はないからです

口に出すべき得ない本音部分は
語ってもマイナス評価・・・
言わない方が賢明です

日本社会の難しさ?