転職失敗!転職失敗と成功する違い?
転職失敗と成功する違いとは?
成功の鉄板はエージェント活用で内定獲得する方法を徹底!

転職失敗してしまったら

することは1つ

次の転職に再チャレンジ

これしか他に方法はありません

くよくよしている暇があれば

今すぐ転職エージェント登録して

二度と失敗しない

自分に合った優良企業を紹介してもらうことです

再就職ですが・・・・
でも今すぐ辞表提出はダメ!

最っチャレンジの転職先から
転職内定通知を受領し
給与や残業代支払い状況から公休消化率など
勤務条件を詳細に確認してから承諾をすること

それから現在勤務している会社に退職願を提出することです
間違っても先に退職してから
転職活動をしないように?

なぜって?
理由は簡単!
給料無しで就活はできません
軍資金が枯渇すれば転職どころではなくなります

仕事の行き詰まりの逃げ道としての転職は

失敗する転職の典型例なのですから・・・

転職が目的だと

先に退職届をかっこよく提出してしまうのです

考えるのはあと・・・・

異常な心理状態に陥っているわけです

 

人生のターニングポイントを安易に創造しないことも重要ポイントです
あるべきターニングポイントを逃し
自作自演の悲劇の外堀を自ら掘らないことが大切です

過酷な残業で判断力がなくなりがちですね
自分の至らなさをキャリアアップとはき違えて
遠くの芝生に軟着陸したい転職願望は危険です

意味のない転職をエージェントに煽られることもあります

自分の評価が正当でない!
上司が許せない?

そんな上司への不満
評価の不満
転職するのはやめましょう!

どんなときにも
あなたの味方は
どこかに存在しているはず
自己分析や自己棚卸など
あらゆる方向から自分を再発見しましょう

ハッキリ言って
転職回数は人生で
最大限1~2回です

今そんな状況でリーチかけるな!
って言いたいですが・・・

やる気ない気持ちは誰しも同じ?

自己評価で完結しないでください
評価の基本はあくまで他人です

間違いなく言えることは
転職先のあなたに対する評価は
上がることは稀!

下がるのは
評価だけでなく
内定条件がガクッと下がります

給料や勤務条件がダウンしているだけでなく
職位だけでなく
あなたが現職で抱いていた評価のポイントは
さらに下がっているのが現実なのです

それでも転職したいですか?
転職失敗した中高年は
あたり一面に存在します

まず、
この辺りを体感しないと
まともな判断基準は
いまだ構築されていないはずです

中途採用で
転職者を大量に受け入れる会社は
離職率もかなり高いのが現実です

転職失敗の焦りから
とんでもない会社に潜り込んでも
つかの間の安堵があるだけなのです

少なくとも
転職後の飲酒はやめるべきでしょう
仕事に専念するほうが実績を蓄積できるからです

さらに問題なのは
求職者の売り手市場が拍車をかけてくること!

サラ金業界での広告に必ず記載されている
お借り入れは慎重に計画的に!
煽り広告の責任逃れのために記載されているだけです

転職広告も似たような文言が記載されていますね?

法人・会社・企業・大手…いずれも目的は収益です

大手銀行の傘下にあるサラ金業者が
借り手の多重債務の危険を無視して貸出するように

エージェントも転職さえしてもらえば
1ポイント獲得って
ありうることだと再認識しましょう

但し
真の意味も理解しなければなりません
エージェントにとって
転職失敗は大きなマイナスポイントであること
転職成功率の低いエージェント自体の評価は
致命的だからです

一番重要なことは転職者自身が
シッカリしたポリシーを持っていること
転職理由が確たるものであること

そのうえで
有力なキャリア・エージェント全てに登録
自分に最適な職位案件を逃さないことに鍵があります

失敗しない転職エージェント選び

転職エージェントのシステム化
中小のエージェントは小回りが利く?
大手のエージェントは情報量が多い?

どちらも正解でしょう

自分が求めている企業の規模や仕事内容の情報が
どこから入手できるか?
応募者の志がエージェント選びに関係してきます

エージェント会社のRAとは
求人案件を開拓する職位

CAは、応募者に求人情報を提供する担当者

つまり
求人情報を探す部門と
求職者を担当する部門が

  • 同一担当者であるエージェント
  • 分業システム化されているエージェント
  • 混在型エージェントがあります

1から10まですべて職人芸的にこなすRAリクルーティングアドバイザーが良いのか?
数ある求人情報から最適な企業情報を選別提供するCAキャリアアドバイザーが良いのか?

中小の会社での人事関連なら
全てをこなす転職エージェント担当者が
応募企業の内部情報に長けているので
転職失敗の可能性は少しでも防げるかもしれません

キャリアアップを望めるレベルの
大手企業の場合
求人部門もシステム化されており
大手求人エージェントでないと
指定された人数の優良人材を
定期的に確保できません
内定枠を埋められない
エージェント会社との取引契約はありえません

転職失敗することなく
成功する転職活動を望むなら

大手転職エージェントを選び
有能なキャリアアドバイザー担当者と
いい関係を構築することで
優良求人情報を獲得しましょう
そして募集企業の
求める人材像情報も入手しましょう

さらに大きなメリットである

切れる刀を
超大手転職エージェント担当は持っています

応募者の推薦状関連の書類の提出です

超大手エージェントの推薦状は
ある意味、
下手な採用担当者の押しより権威があるかもしれません

該当企業に幹部クラスを
多数送り込んできたエージェントの推薦は、

人事担当者の業績アップに直結するからです

いい人材を採用した業績の影に

エージェントの推薦状という

便利な評価基準が存在していることも事実です

転職失敗を避ける

転職失敗を避ける最善策は
転職失敗するコースを選ばないことです

思い込みでの転職が
失敗を招きます

自分で考えたり
提示される仕事の実際の内容と
思い込み内容とのかい離が転職失敗の原因となります

転職内定の決定後
承諾までに
職務内容や給与体系や公休消化率~
残業平均時間と支払い率程度の情報は
ある程度具体的に知る必要があります

前職からの脱出だけを夢見た
転職の失敗の原因は
転職先の入職前の情報不足が大きいと言えます

転職 失敗

失敗しない転職活動がわかれば転職で失敗することはありません

転職 失敗の多くの原因は自己分析ができてないことにあります

転職活動のスケジュールから業界や各企業研究も大切です

会社選びから転職応募まで、

求人情報の適格な収集

採用されやすい履歴書作成

職務経歴書の書き方も重要でしょう

成功者は職務経歴書のプロからアドバイスを得ています

転職成功ノウハウをうまく生かして

失敗しない転職をする転職活動をしましょう

失敗しない転職はエージェントの驚異的な活用が効率的です

求職者独自の情報収集力と

過去の会社勤務経験に頼った価値観での転活は

転職理由を再転職時まで寝かせるだけです

俺が転職失敗する訳ネ~だろう!と思うのは自由です


今の時代は、転職エージェント担当者が有能なら

採用大手企業の戦略的な採用人物像情報まで入手できます

賢い転職成功者は、最初から複数エージェントに登録しています

採用された企業との交渉まで残るのは1社1担当者だけです

複数エージェントに登録するのは

転職成果の効率と成果を出すためです

最初はキャリアエージェントが何たるかもしらないので

大手のエージェント会社に複数登録します

実際に求人応募から面談まで行い

内定合格に必要なスキルを体得します

複数のエージェントに登録することで

転職エージェントの違いから

紹介案件の質から担当者のレベルまで分かるようになります

優良な求人情報の絶対量と質が高い大手エージェントに

複数登録すれば最適な求人情報を

入手できる可能性が高くなるのです


転職求人を水面下で実施している

大手企業の案件は非公開情報で扱われます

優良な非公開求人情報は大手転職エージェントが把握しています

キャリアアドバイザーは

担当している転職希望者に提示紹介します

内定が決まりそうな質の高い応募者から優先紹介するでしょう

優良な求人情報が得られるチャンネルは増やす方が有利です

エージェント担当者との良き関係が構築できないと

転職の成否に直接響いてきます

複数エージェント登録により

最適なキャリアアドバイザーを獲得して

最高の転職活動につなげることができるのです

担当者の選別に必要な評価基準が求められます